September 21, 2006

ひかり電話の障害

先週はNTT東日本エリア全域で連休明けから3日連続で日中ほぼ使用不可能だったひかり電話。

苦情件数は20日の時点で苦情件数14000件を数える大障害にもかかわらず、NHK以外の民放では全く報道していなかった。記者会見もやってるのに。

ていうか、固定電話が通じなかったら、113に電話するとすぐ調査員がすっ飛んでくるよね。たとえ、Internetの障害だって、大体、半日もたてば復旧するのが普通でしょ。電話の不通が3日も続いたのに、ぜんぜん報道されないってそれおかしいよね。BBphoneだってそんな障害なかったよな…。まあ、BBphoneをビジネスユースで使ってるところはあんまりないし、今回の障害も、ひかり電話オフィスタイプ(デジタルで8通話まで使用化)が爆発的に売れたのが原因だから比較対照にはならないのかもしれないけれど。会社の電話番号(代表)が不通になり、(10回かけて1かいしかつながらないのを「つながりにくい」とは普通言わない。それはほぼ不通)営業は個人用携帯を顧客に一斉メールせざるを得ない状況においこまれた会社を知っています。損害は計り知れない。

金曜には復旧したようで、NTTはないないして済ますのかしらん。

September 09, 2006

庭を突っ切って母屋へいくルートが通れない

古い一軒家を社屋にしているため、普通に濡れ縁と庭のあるうちの会社。朝夕に草むしりをしたり野菜やハーブを植えたり梅を採って漬けたり茗荷がとれたりしていろいろと癒されるのですが、誰も気がつかない間に、奥まったところにある椿の木に毛虫が大量発生していました。

同僚が殺虫剤を噴霧して殲滅を図ったところ逆襲に。一日中痒がっていました。

調べたところ、茶毒蛾という、お茶や椿などの照葉樹につく虫で、卵から成虫まで全ての過程において毒があり、触ったら市販の虫さされ薬じゃ直らずに皮膚科に行かなければ行けないぐらいひどくなることが多いらしい。しかも、一度発生したらちょっとやそっとじゃ駆除できず、木を切り倒す必要さえあるらしい。ひー。おちおち庭で憩えないじゃん。

しかしすごいよね、茶毒蛾って。まんまなんだけど、インパクト強すぎ。と思っていたら昼休みにちょうど読んでいた小説に茶毒蛾と言う文字が。この小説にでてくる会社もやっぱり一軒家に間借りしており、そこの庭の椿に茶毒蛾がついて云々と言う件があったのでした。技術担当が畳の部屋の座卓でPCに向かう様子などもうちの会社に近いかもしれない。

しかし、もうその話しているだけで体が痒いんですけど。ボス、なんとかしてください。

August 14, 2006

大停電の朝の通り雨

普通に出勤でしたが、自転車なので会社に着くまで知らなかった。電車通勤の人は足止め食って大変だったみたい。

お客様からの問合せなどは1件のみ、再起動で問題なし。本日は特に影響はなかったみたいですけど、お盆明けがちょっとこわいですな。

あんまり天気がいいのでショールーム前に打ち水でもするかと思ったらいきなり土砂降りの通り雨が。昼に外へ出たら絵に書いたような夏日。入道雲がでかい。蝉の声。ボスの留守をいいことに棒アイスをくわえる同僚。なんか仕事してる気しないね。夏休みの宿題してるみたいな気分。

そして事務所に山積みだった在庫を倉庫に片付けて、見違えるようにすっきり。

July 19, 2006

ゆかいなオフィス

060715_1806 テレビ取材の翌日、集中豪雨の後、雨漏り。退屈しない会社だ…。しかしなんか、たまる水が、アメリカンコーヒーぐらいの濃度の茶色さなんですけど。

July 14, 2006

テレビの取材

今日、会社にテレビ局(テレ朝のニュース番組)が来た。なにしろ小さな会社(物理的に)なので、カメラを入れるために、午前中総出でレイアウトを変更。おお、こんなに広かったのか。しばらくこのレイアウトにしとくか。でも、ショールームから事務所への入り口が体を斜めにしないと通れないんですけど。そしてクルー到着、ボスがしきりに照れながら取材に応じておりました。大丈夫、きっと男前に映ってますって。なんだか、ピンマイクつけるのが妙に嬉しかったらしい。

June 06, 2006

GJな事務のお姉さんとボス

本日はじめてボスの営業に同行。今度の会社は小さな会社ですが、社会に貢献しない、疚しいお金儲けは一切しない、という方針の潔い会社です。働くほうとしてはとても気持ちがいいんですが、こんな商売やっていて、本当に大丈夫なのでしょうか。ちょっと心配です。本日出かけた会社でも、初訪問で、見積もりを出したのですが、相手の社長さんにも「なんだかずいぶんと正直だねえ、あんまり儲けがなくて申し訳ない。夏に支店を出すのでそのときもぜひお願いするから」というありがたいお言葉をいただきました。

その会社の、えらく美人な事務の女性がものすごく有能で、機器を全とっかえ(それでもすごく良心的な値段なんですが)しようとしている社長に、「これは、いらないでしょ、これにこれを追加ってできません? こっちは別の業者がもっと安かったからこれはあっちで買うから。」などと交渉の末、上記のあまり儲からない商談結果となった次第。普通だったら、そのお姉さんの突っ込みは痛いところで、それはちょっと、などと言葉を濁すところだと思うのですが、うちは良心的な商売が売り物なので、ボスは「そうですね!そうすればだいぶ安く済みますよ!今回はそうすべきですね。」と逆にそっちに同調という展開でびっくり。でも、おかげで次回の受注につながったわけで。ボスも事務のお姉さんもGJ。

June 01, 2006

初出勤

今度の会社、面白い。ここにしてよかった。とりあえず、初日の感想。

May 19, 2006

転職の為

060516_0010 会社を辞めました。割と人の入れ替わりの激しい職場なのですが、皆さん残念がっていただいてなんだか申し訳なかったです。予想外に豪華花束まで。わあ。マジで申し訳ない。こっそり去るつもりだったのですが。なんとなく、ここに別に私がいなくてもいいかなって(いや、いたらいたで、全く役に立たないわけでもないんですが)感じが少しづつ強くなっていたので。

新しい会社のほうは調整の上、6月からでいいことになりました。しばらくは読書三昧の日々です。本日はスティーブンキングのダークタワーの第5部を一気読みという贅沢。ここのところ、ほとんどの新作がダークタワーに支配されている感があるので、終わってくれないと先に進めない感じを読者も無理やりに共有させられているという状態ですが、それだけに本編たるこの作品はすべてが凝縮された面白さです。

March 14, 2005

年季が明けた

昨年から、ずうっと仕事中心の生活で不義理を重ねまくっておりましたが、偉い人に誘われたプロジェクトは無事立ち上がり、偉い人と一緒に開放されまして、今回やっと自分の時間が取れる勤務形態になりました。職場は家から自転車で15分で友達も多い西新宿オフィス、シフトは私的には楽な遅番です。春に向けて、プライベートな活動もやっと復活できそう。今回はほぼ女の園な環境ですが、まだ勝手のわからない部なので、出過ぎないように黙々と課題をこなす毎日です。業務の性質上、最上級のセキュリティが要求されるので、詳しいことは一切書けないのですが、それはつまり、秘密のベールに隠されている面白いネタが結構ある業務だったりします。社会の暗部というかなんというか。ちょっとまとまってきたら、ミクシィの日記を分離して書いてもいいかなと思ってます。

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

掲示板