July 26, 2006

ワーキングプアは誰のせい

働けど働けど 我が暮らし楽にならざり。ニートどころかやる気も能力もあるのに、仕事がない。あるのはとても暮らしていけない低賃金の仕事ばかり。個人事業主や農家は低賃金どころか赤字になってしまったり。それでも働くしかない。足りない分はバイトを掛け持ちして労働時間を増やしたり、食事を抜いたり。じっと手を見る。

ワーキングプア-就労貧困についてとりあげたNHKスペシャル「ワーキングプア 働いても働いても豊かになれない」をみた。よるべないシングルの身としては他人事じゃない。女性の労働人口のうち、半分は非正規雇用という現実にはちょっと愕然とする。

ワーキングプアが誰のせいって、小泉のせいに決まってる、という人が多いんでしょう。番組でも識者は「国が何とかすべき」「社会の責任」との意見だった。しかし、政府が何もしてくれない、なんてそんなの今に始まったことじゃなくて、政府が市民のことをいろいろと面倒を見てくれた時なんてあったんだろうか? という疑問がわく。垣根 涼介の『ワイルド・ソウル』を読んだばかりだからかもしれないけど。(外務省マジひどい)

マンションを買った時に、今後のマネープランの目処は一応立てたものの、一歩間違えば、ワーキングプアの仲間入りだよなあ。もう誰かに養ってもらう生活なんて、きっとできないし。老後のこととかももっとちゃんと考えないとキリギリス。

そんなこともあり。諸事情で今の会社の厚生年金に加入できるのが8月からなので、数か月分の空白をどうすればいいかわからず、しかもここ何年か幾度か転職して払ってない時期もあって、そのあたり含めて年金がどうなってんのか確認するため、本日区役所へ行ってきましたよ。国民年金の係の人は社会保険事務所に電話して確認してくれて、いろいろとクリアになりました。少々の空白時期があること自体は、全く問題ないそうです。厚生年金国民年金を払った時期を全て合算して25年以上になれば、年金の受給資格は発生します。どうせもらえないかもしれないし、派遣になったからもう払うのよそう、とかいってばっくれてる人、相談しに行ったからといって、その場でお金を取られるわけではないし、収入が少なければ免除もあるし、相談した結果やっぱ払いたくない、と思ったら払わないという選択も有りなので、どうなってるか確認したほうがいいと思いますよ。事実、今回私は全く払っていなかった大学時代の分の免除手続きできたし。これで25年の満期に一歩近づいた。一番損なのは、天引きで払ってる期間がある程度有り、途中でやめちゃった場合。民間の保険会社の個人年金にくらべて、税金は控除されるし、インフレにもそれなりに対応してくれるし、国や会社の補助があるし、仮に金融商品と考えると年金は結構有利で割に合うんだよね。国は何もしてくれない、という考えと矛盾するようだけど、どうせなんもしてもらえない、と思ってあきらめるんじゃなく、既にある制度はちゃんと利用したほうがいい。

ついでに固定資産税もきっちり払い、真人間気分を満喫した本日。幸か不幸か、今の会社には定年という制度がありません。吹けば飛ぶような小さな会社ですが、傾かないよう、つぶれないように微力ながらがんばろうとあらためて思うのでした。

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

掲示板