March 07, 2013

優しさと誠実さについて~ 映画:「アルバート氏の人生」

合コンや婚活などのお見合い的なシーンにおいて、ルックスには全然自信がなくても、優しさと誠実さだけは自信を持っている旨をアピールする人がいる。でも、好きだ必要だと思って関心を持っている相手に対して優しく誠実に振舞うのはあたりまえのことで、好きな人を傷つけるようなことばかりしてしまうのは小学生レベルの人だけだ。
そうではなくて、本当の優しさや誠実さというのは、自分の人生において用済みになった相手をどう扱うかで、はかるべきなのではないのかなと思う。いろんな形の優しさや誠実さがある。自分の心に正直に、関心のなくなった相手には一切情けをかけないのもある意味で誠実といえるし、優しい嘘を吐きつづけながら、少しづつフェードアウトをするのも優しさだ。でも、どっちも、なんだか、違うように思う。
本当に優しくて誠実な人は、一度深く関わった相手を決して自分から用済みにしない、というかできない。
だからむしろ、関わる相手を慎重に選ぶし、安易に愛を誓ったりしない。そういうことなんだと思うんだよね。
私は、特に優しくも誠実でもなくてどっちかっていうと調子に乗りやすい軽薄な人間であるけれど、本当に優しくて誠実な友人には恵まれているほうだと思う。人間関係に持ちつ持たれつの見返りを求めるタイプの人は八方美人で飽きっぽい私をいつか見限る。そうすると結局は、私のあるがままの人間性を面白いと感じてくれ、誠実で優しい人だけが残るのである。「来るもの拒まず去るもの追わず」というのは、怠け者にとって最高の仕組みである。
心優しい友たちにとっては罠にはまったようなもので、傍迷惑な話であるが、長いことずっと私を見捨てないでいてくれる友ほど大事にしているかというと実は全くそんなことはなかったりして、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。誠実で優しい彼らは多少邪険で失敬な扱いをしても笑って許したり、説教つきで許したりしてくれるので、つい甘えてしまうのだ。
その点では「優しくて誠実」というのは、調子のいい人間に利用されるだけで本人の利益には全然ならない不毛な性質のようにみえるが、囚人のゲーム、ではないけれど、結局は相手を信用して、優しく誠実にふるまったほうが、長い目で人生を考えると、お互いに幸せな思いをし、得をすることが多い(確率が高まる)のは確かではある。
ただ、真面目に誠実に人に尽くしていればいつか必ず報われるかっていうと全くもってそうではないことを私たちは身をもって知っている。そうなのだ、世界というのは本質的に不条理で不公平で、全くフェアとはいいがたい矛盾に満ち満ちたものだから。
やりたい放題に他人を足蹴にしつつ身勝手な人生を送っても、孤独どころか何故か皆に愛されかまわれて、賑やかで穏やかな老後を何不自由なく心満ち足りて送る人だって実はいっぱいいるというこの容赦ない現実よ。
「アルバート氏の人生」は、この上なく誠実で実直な、とある人生の物語。
アルバート氏の人生が結局のところ不幸であったのか幸福であったのか。それはわからない。
でも、アルバート氏の幸福を手に汗握って願わない観客はいないだろう。
ああ無情、としかいいようのない事態がアルバート氏を襲うたび。
幸福な夢や楽しい時間に子供のように瞳を輝かせるとき。
でも僕らがどんなに祈っても、観客はもちろん、劇中の誰もアルバート氏をその運命から救えない。
不条理で不公平で、全くフェアとはいいがたい矛盾に満ちた世界はそれでも美しいし、アルバート氏は夢を見る。
中盤からラストは、もう本当に泣けてしょうがなかった。
全てのキャストがいちいち個性的、魅力的で素晴らしく、19世紀アイルランドの風俗や自然を凝った美術と端正なカメラワークで写した映像も大層美しく、リアルなのにファンタジックで文句なし。シネフィルから普段テレビ放映でしか映画を観ない方まで、自信を持って老若男女どなたにもお勧めできる本当に素敵な映画です。
ってもう公開は終わっているけれどな。
DVDが発売されたら是非、お手に取ってみてね。
むしろ映画館でぼろぼろ泣いちゃうとちょっと恥ずかしいので、家でゆっくり観た方がいいかもしれません。
「アルバート氏の人生」 日本語公式ページ

November 13, 2006

『プラダを着た悪魔』ローレン・ワイズバーガー

『プラダを着た悪魔』が映画化、11/18から公開される。実はこの原作が、結構面白かった。

なので、私としてはキャスティングにちょっと不満。ミランダは二コール以外ありえないから。特に、『ステップフォード・ワイフ』の時のやり手プロデューサーのキャラが最高にイメージぴったりだったのですが。まあ、原作読んでなければ、メリルストリープでも違和感はないだろうけどさ。久々に美麗にキメたメリルを見られるのもまた良いんだろうけどさ。メリルストリープじゃさ、貫禄ありすぎて、悪魔っつうよりも、厳しく賢い師匠か、単なるくそババアかどっちかじゃん? 誰よりも有能で誰よりもセンスがいい。そして、とんでもなく、美しい。だから誰よりも性格が悪いのに認めざるを得ない。夫も子供もいて、女としてパーフェクト。それがミランダなのにー。アンドレアはね、若くて背が高くてスタイルのイイ新進女優ならだれでもいいんだけどさ。

原作は、ブランド名が羅列され、セレブな生活を裏で支える人たちの血のにじむような戦闘ぶり、ミランダの理不尽ぶりがスピード感を持って描かれて素敵なのです。ラストのどんでん返しもいい感じ。なんか、映画では、どんでん返しがきっちりとどんでんがえらないような気もしてそこもちょっと心配よ。

July 06, 2006

『銀河ヒッチハイク・ガイド』ダグラス・アダムス

映画が面白かったので、原作を読んでみたら、映画そのまんまだった。…というだけのことであれば、わざわざ書くことでもないのですが、何がすごいってこの原作が、いかにもイギリス風のブラックでひねくれたユーモアに貫かれたヴォネガット風味のナンセンスSF小説なんです。不可能性ドライブの描写とか、絶対映画化不可能だよねーというおバカですっとぼけた文章なんですが、原作のテイストを損なわずにしっかり映像化されているのを先に観てしまっているのでとても奇妙な感じ。

映画冒頭の、イルカによるミュージカルナンバー(大好き)は小説では冒頭に出てこないので、映画オリジナルかしら?思いつつ読みすすめると、ちゃんと出てくるし(魚をありがとう!)、本の中に出てくる一見どうでもいい細かいエピソードも、いちいち全部省略されずに映像化されていて、読みながら思い出し笑い。映画のスタッフがいかにオタかダグラス・アダムズを愛しているかがひしひしと伝わってきました。もともとはラジオドラマの脚本で、本人がノベライズした作品なので、そのせいかもしれないけど。

バックトゥーザフューチャーばりのラストのセリフからいって、きっと続編も映画化されることを期待した上で、続編の『宇宙の果てのレストラン』と『宇宙クリケット大戦争』も読もうと思います。一体コレをどうやって映像化?という妄想を膨らませつつ。

July 02, 2006

『グッドナイト&グッドラック』

映画の日、なんか混んでない映画観たいなーと思って、レイトショーにて。六本木ヒルズ、TOHOシネマズ。実は初めて行ったんだけど、建物に入ったとたん、強烈なポップコーン臭。うまそう。でも一人でポップコーンもなんかさびしいので買わない。

さて映画。日本のテレビ界には是非見習って欲しいというしかない、ジャーナリズム魂にあふれたかっこいいオヤジ満載。モノクロのせいもあって、皆いちいち渋い。渋すぎる。おもわず腐女子モードが発動しそうになるがすんでのところで思いとどまる。しかし、それにしても、皆タバコ吸いすぎよ? 禁煙ファシズムに対する当てこすりとしか思えないほど。番組の中でもずっと吸ってんだもん。皆、片時も離さないのタバコを。お互い火をつけあっちゃったりして。なんか意味を勘ぐらずにはおれない執拗なまでのタバコ描写。吸いたくなって困った。しかも、六本木ヒルズ。映画館の外に出ても一服できる雰囲気じゃないし。

この前観た『プロデュサーズ』もそうだけど、50年代あたり舞台に丁寧に描くと、上品な映画になるねえ。ボギー、あんたの時代は良かった♪って、感じでしょうか。古き良き、が「アメリカ」の枕詞だってことを知ったのは実は結構最近。

October 22, 2005

この秋は観たい映画がいろいろありますね

絶対行くと決めているのは
チャーリーとチョコレート工場
銀河ヒッチハイクガイド
ブラザーグリム
の3本です。

チャーリーは休みが不規則になってしまったので、観に行こうといっている人となかなかスケジュールが調整できない。
銀河ヒッチハイクツアーは本当は皆で観に行きたいんだけど。
うーん、もうすいてる平日に一人でいっちゃおっかなあ。
平日動ける人、映画に誘ってください。上記以外でもオッケーよ。

June 19, 2005

『コニー & カーラ 』

B0008GGTTC売れないコーラスガールの二人組みが、トラブルに巻き込まれ身を隠す羽目になり、ゲイと偽ってドラアグクイーンショーに出演し、口パクでなく、自分達で歌って大うけするのだけれど、おかげで身分はばれそうになるし、好きになった男には告白できないしというラブコメ。
『プリシラ』が好きな人ならきっとハマると思います。私はベドウィグにはいまいちノレず、なんでかなあ、と思っていたんですが、やっぱり、音楽の趣味の問題かもしれません。たとえば『ムーランルージュ』の選曲がこの映画と同じテイストであったなら、評価に星が2つは追加されるであろう。
二人のドラアグっぷりが素晴らしく、それが説得力になってます。特に、もともと男顔のカーラ役のトニ・コレットのオカマっぷり、かなり最高。もう、こういうドラアグクイーンいるいる!

『ビッグファットウェディング』もそれなりに良い映画でしたが、観る前に期待していたものを微妙に裏切られたんだよな。ファットな家族の映画じゃなくてギリシャな家族の映画だったのですよね。
その点、この映画はストーリーもお約束を外さずにきっちりおさえつつさわやかで良いのだけれど、ショー部分がかなり充実していて大満足。女の友情モノとしてもかなりポイント高し。

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

掲示板