« November 2006 | Main | May 2007 »

December 28, 2006

『虹』 グリング 

結成十周年記念、紀伊国屋ホール。ここの所ずっと主流の、ウェルメイドな会話劇を得意とするグリング。どこにでもありそうで、でも意外な目の付け所で、様々な職業、様々な人間関係を丁寧につづっていく。ちょっとつんのめり気味なテンポのいい台詞回し、主宰(脚本、演出)の青木氏の真骨頂。あと、新劇系の年配の俳優さんをアサインできるのがグリングの強みのひとつ。今回も「円」の井出みな子さんが、いい味をだしていました。

ただ、見終わった後、陶酔感に乏しいのは、もうこの種の芝居ではしょうがないんだよなあ。しかし、この種の芝居のなかでは、もっとも意外な展開でドラマティックサスペンスを感じさせてくれる劇団のひとつだとは思います。

前作の「海賊」がたいそう面白かったらしいので、見逃してちと残念。

終焉後、青木氏&奥様とも歓談できて嬉しかったです。順風満帆のようで旧友としては嬉しい限り。

December 19, 2006

『嘘かもしれないけどオリジナル』 Hula-Hooper

女の子だけのユニットによる女の子のお話。友達のトニーがでるというので半分はご祝儀という感じで、何も考えずに行ったのだけれど、これが結構拾い物でした。

遅れて入ったせいもあり、はじめ、久々の「いかにも芝居っぽいダイアローグ」にちょっとくらっときて、ダメかと思ったのだけれど、意外や意外、しばらく観ているうちに、これはある意味確信犯なのかと思わせられる。脚本がとても丁寧につくられていて、一つ一つの台詞に無理や無駄がないことが、わかってくる。

出演者が若い女の子だけ、しかも、ルックスに抜け出るところがなく、カリスマ美人も怪女もいない、その辺にいそうな、しかもいかにも芝居やってそうな文科系女子ばかりという制約をどう逆手に取るか、結構苦心したんじゃないのか知らん。全員に見せ場があり、それぞれの想いの形を吐露していく羽目になる構成巧み。それぞれの娘を抱きしめたいような気持ちにうっかり、させられてしまう。リアル演劇でなく、シュールな部分も嫌味なくハマっていて上品なおかしみを醸し出していました。初期の「青い鳥」を思い出すといったら褒めすぎか。作演出の団長 菊川朝子、ちょっと次回作も観てみたい。ジュンリーぐらいは軽く超えられる力量ありとみた。

トニーも良かった。トニーの清潔感と鈍重さ(ゴメン)がうまく生かされてて、とても面白かったし、かわいかった。

« November 2006 | Main | May 2007 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

掲示板