« アジアン・リゾートへ高飛び | Main | 転職の為 »

May 08, 2006

『沼地のある森を抜けて』 梨木香歩

梨木香歩がいい作家だということは、もちろん知っていたし、文庫がでたら必ず買うようにはしていました。しかし、これには参った。なんだこれは。素晴らしいじゃないですか。この私が、思わず実家に帰ってぬか床をかき回したい衝動に駆られるって、尋常じゃありませんよ。『家守綺譚』もよかったけれど、これはちょっと、身につまされ方が違う。その上、幻想小説としても傑作だし、SFとしても秀逸、と言ってしまっていいでしょう。心の芯から温められる、まるでゲルマニウム温浴のような小説でした。

« アジアン・リゾートへ高飛び | Main | 転職の為 »

Comments

ゲルマニウム温浴とは! ww
ラストで静かに涙が出て、
読み終わってから 暖かい気持ちと 自分の中の孤独を
しっかり感じました。

いい本でしたw

>Bionさん
『裏庭』も『りかさん』もいちいちおすすめなんですが、これがいちばんハマりました。目が離せない作家の一人です。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57985/9963504

Listed below are links to weblogs that reference 『沼地のある森を抜けて』 梨木香歩:

« アジアン・リゾートへ高飛び | Main | 転職の為 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

掲示板