« 年季が明けた | Main | チェストの条件 その1 »

March 15, 2005

インテリア熱

416759904X.09.MZZZZZZZFeb26_1632当然のことながら、自分の城に引っ越して以来、インテリア熱は久々の高まりを見せています。こんなにぼうぼうと燃えているのは、一人暮らしをはじめた10数年前(エーもうそんな昔かよ!愕然)以来のことです。新婚生活を始めた時や、離婚後新たな同棲生活を始めた時ふたりの荷物を無理やり新居に詰め込むのが先決で、インテリアよりは、収納テク問題のほうが重要だったものです。もともと平熱も若干高めなので、37.5度ぐらいではうーんちょっと熱っぽいけど、でも早退するほどでもないかなあという感じでしたが、現在は38.5度を超えてちょっと今日はもう会社休んじゃおう、というレベルに上昇中。いや会社は行ってますけどね。お金は稼がないと家具買えないしね。暇さえあれば通販カタログと家具屋サイトとリアル家具屋を物色中。先日も折角南大沢のアウトレットショップに行ったのに、安い可愛い服を見ても全然食指が動かないの。うーん、可愛いけど、着るものはあるしなあ、とか。ところが、家具の展示品現品処分などもやっている大きいfrancfrancのショップに入ったとたん、燃え上がるショッピング欲。もう、服屋を見る熱意と全然違うのよ。ラグとかタオルとかそういうのも結局買わなかったんだけど、すごい時間かけて見てしまいました。
写真は新居祝いにプレゼントしてもらった『マンション買って部屋づくり 』 文春文庫 岸本 葉子 (著)
&今だけかもしれない、美しい洗面スペース。
しかしこの本読んだら余計熱が上がってしまいましたよ。そうなのインテリアはひとつつづ、「納得の衝動買い」を重ねていくのが醍醐味。今が一番楽しいときなのかも。

« 年季が明けた | Main | チェストの条件 その1 »

Comments

一人暮らしの部屋あこがれです。
うちは引っ越して1年たたないのに生活感ありすぎ。
家具もインテリアグッズもほとんど買わず
(もしかしたらカーテンとCDラックだけしか買ってない)
とにかく捨てることだけ考えてました。
でもなぜか捨てても捨ててもあふれてくる。
ヒロシみたいに生活できなくなるほど捨てたいー。

オサレになった城をみせてちょ。

新宿に戻ってきたし、今度の業務はノー残業なので、いつでもオッケーですよ。
インテリアはまだ完成してないけどね。
今度の家は幡代のバス停付近。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57985/3303251

Listed below are links to weblogs that reference インテリア熱:

» アメリカ軍放出家具。ミッドセンチュリー家具。などなど。 [限りなくアメリカに近い福生]
早速今回から福生にあるお店を紹介していこうと思います。 始めに紹介するのは16号沿い横田基地前にある インテリアショップDECO DEMODEです。 ... [Read More]

» ベントウッドトレイテーブル (価格5,800円) [きらきらインテリアショップ ]
シンプルなトレーテーブルはどんな部屋にでも合いますよ 価格もリーズナブル 詳しくはこちらから [Read More]

« 年季が明けた | Main | チェストの条件 その1 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

掲示板