June 14, 2013

「ソーネチカ 」 リュドミラ ウリツカヤ著 

あなたがもし、本好きなロシア人女性と人生を深く語りたかったら、この本を買う価値はある。
できれば日本語、ロシア語の両方を。
こっそり読んで、読書好きな女性、またロシア女性の本質理解に役立ててもいい。無理だったら読まなくてもいい。お金がなければ作者の名前を覚えているだけでもいい。もし彼女が読んでいたら、どんな本だか話を聞けばいい。読んでなかったらプレゼントしてもいい。知っていて無駄にはならない。
いい年をした大人は、親しくもない他人に聞かれもしないことをペラペラしゃべったり、迷惑がられているのに気づかないでキャンキャンまとわりつくものじゃない。黙って人の話を注意深く聞き、自分がやるべきことをやれ。それが幸せへの近道だ。
 
ソーネチカ。
私にはできないことをやってのける。
退屈な日常を当たり前のように淡々と、生真面目に、そしてそれを心から楽しんで暮らしていく。大きな波に翻弄されても、自分の心の傷は黙って自分だけで癒し、それよりも手を動かして毎日暮らしていくことを何とか算段する。びっくりするほど聡明なのに、涙が出そうに可憐で、穏やかなあなた。
ソーネチカ。
私はあなたとは全く違う人生を送ってしまった。私はこのまま私の道を行くしかない。このまま本を読み続けていれば、いつかあなたのような幸せの境地に至れるだろうか。道は違っても、きっと同じところへ、たどりつけるだろうか。

March 07, 2013

優しさと誠実さについて~ 映画:「アルバート氏の人生」

合コンや婚活などのお見合い的なシーンにおいて、ルックスには全然自信がなくても、優しさと誠実さだけは自信を持っている旨をアピールする人がいる。でも、好きだ必要だと思って関心を持っている相手に対して優しく誠実に振舞うのはあたりまえのことで、好きな人を傷つけるようなことばかりしてしまうのは小学生レベルの人だけだ。
そうではなくて、本当の優しさや誠実さというのは、自分の人生において用済みになった相手をどう扱うかで、はかるべきなのではないのかなと思う。いろんな形の優しさや誠実さがある。自分の心に正直に、関心のなくなった相手には一切情けをかけないのもある意味で誠実といえるし、優しい嘘を吐きつづけながら、少しづつフェードアウトをするのも優しさだ。でも、どっちも、なんだか、違うように思う。
本当に優しくて誠実な人は、一度深く関わった相手を決して自分から用済みにしない、というかできない。
だからむしろ、関わる相手を慎重に選ぶし、安易に愛を誓ったりしない。そういうことなんだと思うんだよね。
私は、特に優しくも誠実でもなくてどっちかっていうと調子に乗りやすい軽薄な人間であるけれど、本当に優しくて誠実な友人には恵まれているほうだと思う。人間関係に持ちつ持たれつの見返りを求めるタイプの人は八方美人で飽きっぽい私をいつか見限る。そうすると結局は、私のあるがままの人間性を面白いと感じてくれ、誠実で優しい人だけが残るのである。「来るもの拒まず去るもの追わず」というのは、怠け者にとって最高の仕組みである。
心優しい友たちにとっては罠にはまったようなもので、傍迷惑な話であるが、長いことずっと私を見捨てないでいてくれる友ほど大事にしているかというと実は全くそんなことはなかったりして、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。誠実で優しい彼らは多少邪険で失敬な扱いをしても笑って許したり、説教つきで許したりしてくれるので、つい甘えてしまうのだ。
その点では「優しくて誠実」というのは、調子のいい人間に利用されるだけで本人の利益には全然ならない不毛な性質のようにみえるが、囚人のゲーム、ではないけれど、結局は相手を信用して、優しく誠実にふるまったほうが、長い目で人生を考えると、お互いに幸せな思いをし、得をすることが多い(確率が高まる)のは確かではある。
ただ、真面目に誠実に人に尽くしていればいつか必ず報われるかっていうと全くもってそうではないことを私たちは身をもって知っている。そうなのだ、世界というのは本質的に不条理で不公平で、全くフェアとはいいがたい矛盾に満ち満ちたものだから。
やりたい放題に他人を足蹴にしつつ身勝手な人生を送っても、孤独どころか何故か皆に愛されかまわれて、賑やかで穏やかな老後を何不自由なく心満ち足りて送る人だって実はいっぱいいるというこの容赦ない現実よ。
「アルバート氏の人生」は、この上なく誠実で実直な、とある人生の物語。
アルバート氏の人生が結局のところ不幸であったのか幸福であったのか。それはわからない。
でも、アルバート氏の幸福を手に汗握って願わない観客はいないだろう。
ああ無情、としかいいようのない事態がアルバート氏を襲うたび。
幸福な夢や楽しい時間に子供のように瞳を輝かせるとき。
でも僕らがどんなに祈っても、観客はもちろん、劇中の誰もアルバート氏をその運命から救えない。
不条理で不公平で、全くフェアとはいいがたい矛盾に満ちた世界はそれでも美しいし、アルバート氏は夢を見る。
中盤からラストは、もう本当に泣けてしょうがなかった。
全てのキャストがいちいち個性的、魅力的で素晴らしく、19世紀アイルランドの風俗や自然を凝った美術と端正なカメラワークで写した映像も大層美しく、リアルなのにファンタジックで文句なし。シネフィルから普段テレビ放映でしか映画を観ない方まで、自信を持って老若男女どなたにもお勧めできる本当に素敵な映画です。
ってもう公開は終わっているけれどな。
DVDが発売されたら是非、お手に取ってみてね。
むしろ映画館でぼろぼろ泣いちゃうとちょっと恥ずかしいので、家でゆっくり観た方がいいかもしれません。
「アルバート氏の人生」 日本語公式ページ

September 01, 2009

8月に読んだ本

8月の読書メーター
読んだ本の数:50冊
読んだページ数:14841ページ

コブの怪しい魔法使い―(株)魔法製作所 (創元推理文庫)コブの怪しい魔法使い―(株)魔法製作所 (創元推理文庫)
年寄りの言うことを馬鹿にしてはいけないということですね。わかります。
読了日:08月29日 著者:シャンナ スウェンドソン
おせっかいなゴッドマザー―(株)魔法製作所 (創元推理文庫)おせっかいなゴッドマザー―(株)魔法製作所 (創元推理文庫)
読了日:08月29日 著者:シャンナ スウェンドソン
アッチェレランドアッチェレランド
ハックユー,ファッキンiCat!
読了日:08月27日 著者:チャールズ・ストロス
アメリカの鱒釣り (新潮文庫)アメリカの鱒釣り (新潮文庫)
読了日:08月27日 著者:リチャード ブローティガン
タタール人の砂漠 (イタリア叢書)タタール人の砂漠 (イタリア叢書)
暗くて単調、でも美しくて静謐な男のロマン。
読了日:08月24日 著者:ディーノ ブッツァーティ
セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57)セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57)
良くも悪くもいつものキングです。リーシーの方が好き。
読了日:08月24日 著者:スティーヴン・キング
セル 上巻 (1) (新潮文庫 キ 3-56)セル 上巻 (1) (新潮文庫 キ 3-56)
読了日:08月24日 著者:スティーヴン・キング
赤い靴の誘惑 (創元推理文庫 F ス 5-2 (株)魔法製作所)赤い靴の誘惑 (創元推理文庫 F ス 5-2 (株)魔法製作所)
読了日:08月23日 著者:シャンナ・スウェンドソン
ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所> (創元推理文庫)ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所> (創元推理文庫)
アリー・マイラブ魔法版。
読了日:08月23日 著者:シャンナ・スウェンドソン
エンドレス・ワルツ (河出文庫)エンドレス・ワルツ (河出文庫)
読了日:08月23日 著者:稲葉 真弓
渋谷一夜物語(シブヤンナイト)渋谷一夜物語(シブヤンナイト)
読了日:08月23日 著者:山田 正紀
遭難、遭難、
読了日:08月23日 著者:本谷 有希子
神を見た犬 (光文社古典新訳文庫 Aフ 2-1)神を見た犬 (光文社古典新訳文庫 Aフ 2-1)
聖人はあくまで聖人なのがたまらなくよいです。
読了日:08月21日 著者:ブッツァーティ
城の中の城 (1980年)城の中の城 (1980年)
完全に病人扱いされる先生だった。
読了日:08月19日 著者:倉橋 由美子
坂道のアポロン 4 (フラワーコミックス)坂道のアポロン 4 (フラワーコミックス)
読了日:08月18日 著者:小玉 ユキ
シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
いなくなる。ただそれだけ。
読了日:08月18日 著者:道尾 秀介
西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)
読了日:08月17日 著者:荻原 規子
西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)
読了日:08月17日 著者:荻原 規子
警視庁草紙 (山田風太郎明治小説全集)警視庁草紙 (山田風太郎明治小説全集)
読了日:08月16日 著者:山田 風太郎
擬態―カムフラージュ (海外SFノヴェルズ)擬態―カムフラージュ (海外SFノヴェルズ)
いくら恋は理屈じゃないとはいえね
読了日:08月16日 著者:ジョー ホールドマン
浄夜浄夜
ベタなメタ。
読了日:08月16日 著者:花村 萬月
イエメンで鮭釣りを (EXLIBRIS)イエメンで鮭釣りを (EXLIBRIS)
ツンデレ博士。
読了日:08月16日 著者:ポール・トーディ
鈴木いづみセカンド・コレクション〈2〉 SF集 ぜったい退屈鈴木いづみセカンド・コレクション〈2〉 SF集 ぜったい退屈
読了日:08月16日 著者:鈴木 いづみ
シャンプー・プラネットシャンプー・プラネット
読了日:08月15日 著者:ダグラス クープランド
坊ちゃんの時代 第5部 凛冽たり近代なお生彩あり明治人 不機嫌亭漱石 アクションコミックス坊ちゃんの時代 第5部 凛冽たり近代なお生彩あり明治人 不機嫌亭漱石 アクションコミックス
読了日:08月15日 著者:関川 夏央,谷口 ジロー
『坊っちゃん』の時代 第4部 明治流星雨―凛冽たり近代なお生彩あり明治人 (第4部)『坊っちゃん』の時代 第4部 明治流星雨―凛冽たり近代なお生彩あり明治人 (第4部)
読了日:08月15日 著者:関川 夏央,谷口 ジロー
『坊っちゃん』の時代(第3部) 【啄木日録】 かの蒼空に ―凛烈たり近代なお生彩あり明治人  アクションコミックス『坊っちゃん』の時代(第3部) 【啄木日録】 かの蒼空に ―凛烈たり近代なお生彩あり明治人 アクションコミックス
読了日:08月15日 著者:関川 夏央,谷口 ジロー
コンタクト・ゾーンコンタクト・ゾーン
読了日:08月15日 著者:篠田 節子
信長 (宝島社文庫)信長 (宝島社文庫)
読了日:08月15日 著者:坂口安吾
パワー (西のはての年代記 3)パワー (西のはての年代記 3)
ファンタジーの力
読了日:08月15日 著者:アーシュラ・K・ル=グウィン
禅銃(ゼンガン) (ハヤカワ文庫 SF (579))禅銃(ゼンガン) (ハヤカワ文庫 SF (579))
小姓は何がしたいのか。
読了日:08月12日 著者:バリントン・J・ベイリー
未来歳時記・バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)未来歳時記・バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:08月10日 著者:諸星 大二郎
トゥルーデおばさん 新版―グリムのような物語 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)トゥルーデおばさん 新版―グリムのような物語 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
読了日:08月10日 著者:諸星 大二郎
Fellows! 総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界 (BEAM COMIX)Fellows! 総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界 (BEAM COMIX)
すばらしい。
読了日:08月10日 著者:森 薫,入江 亜季
へうげもの 9服 (モーニングKC)へうげもの 9服 (モーニングKC)
読了日:08月10日 著者:山田 芳裕
海月姫 2 (講談社コミックスキス)海月姫 2 (講談社コミックスキス)
シュウシュウ……。そんなんで大丈夫なのか。
読了日:08月08日 著者:東村 アキコ
バベル17 (ハヤカワ文庫 SF 248) (ハヤカワ文庫 SF 248)バベル17 (ハヤカワ文庫 SF 248) (ハヤカワ文庫 SF 248)
インベーダーに狙われて♪ バべル17身につける  超能力詩人 リドラ・ウォン~♪ 宇宙の平和を守るため まわり中の男に命令だ♪
読了日:08月07日 著者:サミュエル R.ディレーニー
ベンジャミン・バトン  数奇な人生 (角川文庫)ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)
はじめ祖父と、しばらくすると父親と、その後は息子と、同世代のシンパシーで仲良し。女は一貫して若いのに限る。
読了日:08月05日 著者:フィツジェラルド
この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)
読了日:08月04日 著者:こうの 史代
この世界の片隅に 中 (2) (アクションコミックス)この世界の片隅に 中 (2) (アクションコミックス)
読了日:08月03日 著者:こうの 史代
この世界の片隅に 上 (1) (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (1) (アクションコミックス)
読了日:08月03日 著者:こうの 史代
エイジハラスメントエイジハラスメント
目上の人を大切にしようと思いました。
読了日:08月03日 著者:内館 牧子
美輪明宏のおしゃれ大図鑑美輪明宏のおしゃれ大図鑑
読了日:08月02日 著者:美輪 明宏
カルトの子―心を盗まれた家族カルトの子―心を盗まれた家族
読了日:08月02日 著者:米本 和広
『坊っちゃん』の時代(第2部) 秋の舞姫―凛烈たり近代なお生彩あり明治人  アクションコミックス『坊っちゃん』の時代(第2部) 秋の舞姫―凛烈たり近代なお生彩あり明治人 アクションコミックス
読了日:08月02日 著者:関川 夏央,谷口 ジロー
坊ちゃんの時代―凛冽たり近代なお生彩あり明治人 (アクションコミックス)坊ちゃんの時代―凛冽たり近代なお生彩あり明治人 (アクションコミックス)
読了日:08月02日 著者:関川 夏央
バタフライハンター 10のとても奇妙で素敵な仕事の物語バタフライハンター 10のとても奇妙で素敵な仕事の物語
自分のやることをやるだけってシンプルだ。
読了日:08月02日 著者:クリス・バラード
綺想迷画大全綺想迷画大全
変でたのしい。
読了日:08月01日 著者:中野 美代子
ほかに誰がいる (幻冬舎文庫 あ 29-1)ほかに誰がいる (幻冬舎文庫 あ 29-1)
片想い力。あのひとの声を聞くだけで失神しそうな怒涛の恋愛。
読了日:08月01日 著者:朝倉 かすみ
愛しのグレンダ愛しのグレンダ
読了日:08月01日 著者:フリオ・コルタサル

読書メーター

August 01, 2009

7月に読んだ本

7月の読書メーター
読んだ本の数:37冊
読んだページ数:8824ページ

童貞放浪記 (幻冬舎文庫)童貞放浪記 (幻冬舎文庫)
読了日:07月31日 著者:小谷野 敦
ラ・プティット・ファデット La Petite Fadetteラ・プティット・ファデット La Petite Fadette
ファデットのブサ可愛さが素晴らしい。
読了日:07月31日 著者:しかくの
沈夫人の料理店 1 (ビッグコミックス)沈夫人の料理店 1 (ビッグコミックス)
相変わらず相思相愛
読了日:07月30日 著者:深巳 琳子
チャイナガール (ビッグコミックス)チャイナガール (ビッグコミックス)
読了日:07月30日 著者:青山 景,花形 怜
ダブリナーズ (新潮文庫)ダブリナーズ (新潮文庫)
7月の読書会課題本:何かにつけて喉が乾く人たち。こうなったらむしろ「留年者たち」てな別の話も読みてえもんだ。
読了日:07月29日 著者:ジェイムズ ジョイス
狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)
黒狼と甘味料
読了日:07月29日 著者:支倉 凍砂
たいした問題じゃないが―イギリス・コラム傑作選 (岩波文庫)たいした問題じゃないが―イギリス・コラム傑作選 (岩波文庫)
たいした問題じゃないのが、英文問題精講ぽい。
読了日:07月28日 著者:
WILLCOM 03 Style BookWILLCOM 03 Style Book
読了日:07月27日 著者:avi,山田 道夫,霧島 煌一,音葉 哲,小原 裕太,丸山 弘詩
昭和のエートス昭和のエートス
読了日:07月27日 著者:内田樹
優雅なハリネズミ優雅なハリネズミ
管理人室の片隅でノブリス・オブリージュってなにー!と叫ぶ
読了日:07月26日 著者:ミュリエル・バルベリ
明治バベルの塔―山田風太郎明治小説全集〈12〉 (ちくま文庫)明治バベルの塔―山田風太郎明治小説全集〈12〉 (ちくま文庫)
読了日:07月26日 著者:山田 風太郎
ダブリンの4人―ワイルド、イェイツ、ジョイス、そしてベケットダブリンの4人―ワイルド、イェイツ、ジョイス、そしてベケット
読了日:07月25日 著者:リチャード エルマン
迷子の自由迷子の自由
ちょっと散歩のつもりで出かけて迷子になったり終日ふらふらする自由を守るために、代償は払っても積極的に闘う気にはなれない。そういうものだ。
読了日:07月25日 著者:星野 博美
水晶内制度水晶内制度
オヤジの壁と水晶の卵。卵の側に立っていたい。
読了日:07月25日 著者:笙野 頼子
文学界 2009年 04月号 [雑誌]文学界 2009年 04月号 [雑誌]
読了日:07月22日 著者:
悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)
小兎吐くなんて、馬鹿なの?死ぬの?
読了日:07月22日 著者:コルタサル
銭湯の女神 (文春文庫)銭湯の女神 (文春文庫)
自由であることの憂鬱。銭湯行きたくなるね。
読了日:07月21日 著者:星野 博美
シュンポシオン (新潮文庫)シュンポシオン (新潮文庫)
「前世紀」は言わないな。
読了日:07月17日 著者:倉橋 由美子
粘膜人間 (角川ホラー文庫 あ 4-1)粘膜人間 (角川ホラー文庫 あ 4-1)
もののけ人間入り混じってバトルロワイヤル。
読了日:07月13日 著者:飴村 行
くぐつ小町くぐつ小町
読了日:07月11日 著者:加門 七海
なにもない空間 (晶文選書)なにもない空間 (晶文選書)
これが一向に古びる気配なし、というのが問題なのかも。
読了日:07月10日 著者:ピーター・ブルック
ヘミングウェイごっこ (ハヤカワ文庫SF)ヘミングウェイごっこ (ハヤカワ文庫SF)
「三島由紀夫ごっこ」もあってもいいかも。
読了日:07月10日 著者:ジョー ホールドマン
超合法建築図鑑 (建築文化シナジー)超合法建築図鑑 (建築文化シナジー)
もうちょっとお行儀が悪い方がセクシー。
読了日:07月09日 著者:吉村 靖孝
夢の浮橋 (中公文庫 A 17)夢の浮橋 (中公文庫 A 17)
暇をもてあました神々の戯れというか変態行為。
読了日:07月07日 著者:倉橋 由美子
女の絶望女の絶望
どんな美女でも聖女でもしとり枕をぬらす夜はある。
読了日:07月06日 著者:伊藤比呂美
暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
読み終わった後で、表紙が怖すぎて涙目。
読了日:07月06日 著者:乙一
じょなめけ 3 (モーニングKC)じょなめけ 3 (モーニングKC)
読了日:07月05日 著者:嘉納 悠天
じょなめけ 2 (モーニングKC)じょなめけ 2 (モーニングKC)
読了日:07月05日 著者:嘉納 悠天
じょなめけ 1 (モーニングKC)じょなめけ 1 (モーニングKC)
読了日:07月05日 著者:嘉納 悠天
ポケットの中のレワニワ(下)ポケットの中のレワニワ(下)
わかるよ。わかんないけど。
読了日:07月05日 著者:伊井 直行
ポケットの中のレワニワ(上)ポケットの中のレワニワ(上)
読了日:07月05日 著者:伊井 直行
時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)
母の告白が一番びっくり。続編は無限記憶。
読了日:07月05日 著者:ロバート・チャールズ ウィルスン
時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)
読了日:07月05日 著者:ロバート・チャールズ ウィルスン
創造者 (岩波文庫 赤 792-2)創造者 (岩波文庫 赤 792-2)
読了日:07月04日 著者:J.L.ボルヘス
ゼロ年代の想像力ゼロ年代の想像力
モバイル的実存。
読了日:07月04日 著者:宇野常寛
天使も踏むを恐れるところ (白水Uブックス―海外小説の誘惑)天使も踏むを恐れるところ (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
ハリエットの目にすすが入らないように気遣う。
読了日:07月03日 著者:E.M. フォースター
幻想絵画館幻想絵画館
貴女の底が割れては困る、といふ欲求に応じるのもなかなか大変だな。
読了日:07月01日 著者:倉橋 由美子

読書メーター

August 16, 2007

『紙葉の』 マーク・Z. ダニエレブスキー

やっぱり夏の読書はホラーよね!と、思いきって『紙葉の』を借りてきた。 
重いので、持ち歩いて読むのはちょっと…。でもって、夜にで少しづつ読んでるんですが。あのホントに、マジで怖いんですけど…(涙目)

読んでいるときはそうでもないんですよ。支離滅裂な描写や偏執的細かさで嫌になるかなと思ったら、意外と読みやすいし、意味不明でもない。脚注も読みやすい。むしろ興味深い。図書館本なので、ページの折れとか染みとかがちょっとゾクッとするけど、怖いというほどではない。むしろ先が読みたい。

でもね、さあ、そろそろ寝る時間だ、今日はここまで、と思って本に栞を挟んで、ベッドに入るでしょ。それからがなんか怖いの。外が怖いんじゃなくて、内が怖い。ぼんやりと怖い。寝返りが怖い。窓をしっかり閉めて、侵入者を防いでもそのものが不条理なのであれば意味を成さない。しかもから逃げ出せばそれで済むということでもない。親兄弟が離れて住めば族でなくなるわけではないように。 

でもこの怖さは好きな怖さなので、読みますこのまま。

August 07, 2007

サプリメントの効果

友達が、「すごい。驚くほど効いた。すまん、オレサプリなめてた。」と証言するショップでサプリメントを購入してみた。

HealthyONE
http://www.healthy-one.co.jp/

私が行ったのは、伊勢丹店。そのショップの店員さんは全員薬剤師で、その場でカウンセリングして飲むべきサプリのSETを作ってくれる。丁寧に成分や効能を説明しながら、ビーズのようにきれいな錠剤を一粒一粒選んでくれる。一日分から購入可能。大体、平均300円/日にだそう。でも、体が重いだのむくんでるだの朝起きるのつらいだの言ってたら、飲むべきサプリが500円/日になってしまい、高い粒を少し減らして400円/でセットしてもらう。とりあえず10日分購入。

1日分づつパックしてくれます。朝飲むのではなく夕食後に摂取して、寝てる間にエネルギーチャージとのこと。 いままで、チョコラBBとか飲んで効果がはっきりと実感できたことがなかったので、ちょっとわくわく。

翌朝、目覚めすっきり!なんか朝から自転車のペダルが軽い軽い。伊達におしっこ黄色くなってるわけじゃないよ(ビタミンC)…すごい効果あるよ!はっきりわかる。

とっても良いのはわかった。でも1ヶ月12000円払えるか。微妙だな…。疲れた時用に常備しておくのはありですね。

May 13, 2007

ラベイユのはちみつ

432539918_7s 432539918_250s

高級蜂蜜が食べたい!ということで、いろいろリサーチし、専門店ラベイユで試食しまくった上で購入。

森のはちみつ
樹液のはちみつは前にいただいたことがあり、それが激うまだったので、今回も樹液系よりセレクト。
http://www.labeille.jp/onlineshop/pr03.php?inp_Seq=13

山のはちみつ
白く結晶化してパンなどに塗りやすくなっているタイプ。全くじゃりじゃりしていなくてなめらかミルキー。結晶化しているタイプの中でも、イタリア産はジャリッとしていて、フランス産はなめらかなのが多いそうだ。
http://www.labeille.jp/onlineshop/pr03.php?inp_Seq=11

どちらも、脳みそのとろけるうまさです。
WEBで売り切れの品も店舗にはあったりします。
試食もできるし、お店で好みの味を見つけるのが吉。

今度は荻窪本店に行ってみたい。

December 28, 2006

『虹』 グリング 

結成十周年記念、紀伊国屋ホール。ここの所ずっと主流の、ウェルメイドな会話劇を得意とするグリング。どこにでもありそうで、でも意外な目の付け所で、様々な職業、様々な人間関係を丁寧につづっていく。ちょっとつんのめり気味なテンポのいい台詞回し、主宰(脚本、演出)の青木氏の真骨頂。あと、新劇系の年配の俳優さんをアサインできるのがグリングの強みのひとつ。今回も「円」の井出みな子さんが、いい味をだしていました。

ただ、見終わった後、陶酔感に乏しいのは、もうこの種の芝居ではしょうがないんだよなあ。しかし、この種の芝居のなかでは、もっとも意外な展開でドラマティックサスペンスを感じさせてくれる劇団のひとつだとは思います。

前作の「海賊」がたいそう面白かったらしいので、見逃してちと残念。

終焉後、青木氏&奥様とも歓談できて嬉しかったです。順風満帆のようで旧友としては嬉しい限り。

December 19, 2006

『嘘かもしれないけどオリジナル』 Hula-Hooper

女の子だけのユニットによる女の子のお話。友達のトニーがでるというので半分はご祝儀という感じで、何も考えずに行ったのだけれど、これが結構拾い物でした。

遅れて入ったせいもあり、はじめ、久々の「いかにも芝居っぽいダイアローグ」にちょっとくらっときて、ダメかと思ったのだけれど、意外や意外、しばらく観ているうちに、これはある意味確信犯なのかと思わせられる。脚本がとても丁寧につくられていて、一つ一つの台詞に無理や無駄がないことが、わかってくる。

出演者が若い女の子だけ、しかも、ルックスに抜け出るところがなく、カリスマ美人も怪女もいない、その辺にいそうな、しかもいかにも芝居やってそうな文科系女子ばかりという制約をどう逆手に取るか、結構苦心したんじゃないのか知らん。全員に見せ場があり、それぞれの想いの形を吐露していく羽目になる構成巧み。それぞれの娘を抱きしめたいような気持ちにうっかり、させられてしまう。リアル演劇でなく、シュールな部分も嫌味なくハマっていて上品なおかしみを醸し出していました。初期の「青い鳥」を思い出すといったら褒めすぎか。作演出の団長 菊川朝子、ちょっと次回作も観てみたい。ジュンリーぐらいは軽く超えられる力量ありとみた。

トニーも良かった。トニーの清潔感と鈍重さ(ゴメン)がうまく生かされてて、とても面白かったし、かわいかった。

November 29, 2006

『恋の渦』 ポツドール

本日初日。いやはや、今回は、物議をかもすようなショッキングな演出はなかったものの、期待にはしっかり応えてくれたと思う。好評だった番外公演『女のみち』をきちんと血肉にしている感じ。三浦氏やはり侮れず。今回、どんな内容なのか、一切前情報なしに観ることができたのをラッキーに感じたので、ネタバレは頁を改める。

ただ、前回公演がアレだったので、「ポツドール、面白いのかもしれないけど、エログロなんでしょ? 男の裸とか別に見たくないしなあ…」というので二の足を踏んでいる方には今回は是非足を運んでみて欲しいとだけ。今ならまだ、劇団ホームページより残席予約できます。

12月10日(日)まで、新宿THEATERTOPSにて。

以下ネタバレ有り。

» Continue reading

November 13, 2006

『プラダを着た悪魔』ローレン・ワイズバーガー

『プラダを着た悪魔』が映画化、11/18から公開される。実はこの原作が、結構面白かった。

なので、私としてはキャスティングにちょっと不満。ミランダは二コール以外ありえないから。特に、『ステップフォード・ワイフ』の時のやり手プロデューサーのキャラが最高にイメージぴったりだったのですが。まあ、原作読んでなければ、メリルストリープでも違和感はないだろうけどさ。久々に美麗にキメたメリルを見られるのもまた良いんだろうけどさ。メリルストリープじゃさ、貫禄ありすぎて、悪魔っつうよりも、厳しく賢い師匠か、単なるくそババアかどっちかじゃん? 誰よりも有能で誰よりもセンスがいい。そして、とんでもなく、美しい。だから誰よりも性格が悪いのに認めざるを得ない。夫も子供もいて、女としてパーフェクト。それがミランダなのにー。アンドレアはね、若くて背が高くてスタイルのイイ新進女優ならだれでもいいんだけどさ。

原作は、ブランド名が羅列され、セレブな生活を裏で支える人たちの血のにじむような戦闘ぶり、ミランダの理不尽ぶりがスピード感を持って描かれて素敵なのです。ラストのどんでん返しもいい感じ。なんか、映画では、どんでん返しがきっちりとどんでんがえらないような気もしてそこもちょっと心配よ。

November 10, 2006

『ヴェネツィアの青い天使』サリー・ヴィッカーズ

おすすめ本リストに、『ヴェネツィアの青い天使』サリー・ヴィッカーズ と『木のぼり男爵』イタロ・カルヴィーノを追加。ことのところ、読書生活はとても充実していて、読む本皆素晴らしいのですが、厳選するとこの2冊か。イタロ・カルヴィーノはかなりハマっていて、地道にコンプリートを目指しています。

『ヴェネツィアの青い天使』はサリー・ヴィッカーズ の処女作にしてベストセラー。うひゃあ、これが処女作かよ。素晴らしすぎます。まさに好みのど真ん中。イギリスから水の都ベニスにやってきた主人公が巻き込まれる恋とミステリー、と書けばふうん、って感じだけどこの、主人公っつうのが小憎らしくも愛らしい老嬢なのね。友達や知り合いの嫌なところをあげつらって、悪態ついては自己嫌悪に陥る偏屈ぶりが実によろしいのです。とかいって、ぜんぜん書評じゃないね。苦手だ…。

読書会でも、まるで高校生のような感想を書いてしまったよ…>きりぃ

November 07, 2006

二の酉

某嬢とデートで、花園神社に行きました。
今年の見世物小屋はちょっとさびしい感じ。それにしても、いくらデートだからって、綿飴ねだらないで…。無駄に萌えるじゃないか。

061104_2310 061104_2324

ものすごくあがた森魚に似ている飴細工の職人さん。061104_2304

November 04, 2006

本を読む人々。

ちょろいもが上京するというので、我が家に泊まってもらいました。数少ない本読み友達の彼女なのですが、彼女を囲む本好きの人たちの会合に参加して、本読み友達が一気に増。いままでも、ネットやチャットなどでは多少交流させてもらっていた方たちなのですが、やっぱり会うことの情報量は桁違いだなあと思う。

ネット上には読書家の方たちのコミュニティというのが存在しており、専用のSNSまであるのですが、本の感想を書くのがどうも苦手な私は参加していませんでした。彼女が誘ってくれて感想を書くだけでなく、他にも楽しみがありそうなので、参加してみました。「全ての参加者が本好き」という環境、意外と面白いかも。
そのSNS、「本を読む人々。」で彼女達と読書会をすることになりました。楽しみ。今月の課題本は、堀江 敏幸の『いつか王子駅で』です。

それにしても、本読みの皆様、まめに感想をブログに載せていてすごい。芝居の感想はかろうじて書く気がするけれど、本に関してはどうもね。習慣だとは思うのですが。

September 21, 2006

ひかり電話の障害

先週はNTT東日本エリア全域で連休明けから3日連続で日中ほぼ使用不可能だったひかり電話。

苦情件数は20日の時点で苦情件数14000件を数える大障害にもかかわらず、NHK以外の民放では全く報道していなかった。記者会見もやってるのに。

ていうか、固定電話が通じなかったら、113に電話するとすぐ調査員がすっ飛んでくるよね。たとえ、Internetの障害だって、大体、半日もたてば復旧するのが普通でしょ。電話の不通が3日も続いたのに、ぜんぜん報道されないってそれおかしいよね。BBphoneだってそんな障害なかったよな…。まあ、BBphoneをビジネスユースで使ってるところはあんまりないし、今回の障害も、ひかり電話オフィスタイプ(デジタルで8通話まで使用化)が爆発的に売れたのが原因だから比較対照にはならないのかもしれないけれど。会社の電話番号(代表)が不通になり、(10回かけて1かいしかつながらないのを「つながりにくい」とは普通言わない。それはほぼ不通)営業は個人用携帯を顧客に一斉メールせざるを得ない状況においこまれた会社を知っています。損害は計り知れない。

金曜には復旧したようで、NTTはないないして済ますのかしらん。

«うすはりのグラス

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

掲示板